お客様の概要

TD Waterhouse は、世界最大のディスカウント・ブローカーのひとつで、投資家に幅広い仲介、ミューチュアル・ファンド、バンキングおよびその他の消費者金融商品を統合的に提供しています。TD Waterhouse は現在330万以上の世界中の顧客口座にサービスを提供しており、管理対象資産は 1,300 億米ドルを超えています。

tdwaterhouse-color.jpg

ビジネス課題

TD Waterhouse は開発環境において、より精度の高いコントロールを必要とする急成長企業で、既に Notes 開発環境で直面していたソースコードとバージョン管理の問題に対する自動化されたソリューションを Teamstudio に打診していました。開発プロセスにベスト・プラクティスを確立してはいましたが、マニュアルによる手順でのアプリケーション・リリース・プロセスを使用していたせいで、たびたび人的ミスが発生していました。なかには影響が大きかったダウンタイムを経験したり、再作業を余儀なくされたり、ユーザーからの信頼性の低下に陥ることがありました。マニュアルによるリリース作業はまた非常に時間がかかり過ぎてもいました。手続きが多すぎるため、過剰なマニュアル化が必要でした。リリース後のエラーは、データベース固有のものというのではなく一般的によく発生しやすいものばかりで、リリース作業を繰り返し同じ質で行うことが求められていました。開発者は、通常、リリースプロセスのミスステップによって引き起こされたエラーの特定と修正に時間を費やしていました。また、リリースは本番環境に対して一貫して行われていないことも判明しました。

Teamstudio のソリューション

リリース作業は、アプリケーションの開発バージョンを公開可能なバージョンにするために必要な一連の手順です。 TD Waterhouse では、これをマニュアルで実行するために必要な個々の手順の数がエラーの発生を招きやすく遅延も多いことが判明。またクリティカルなアクティビティで監査証跡が欠けていました。

これまでに Teamstudio のソースコードとバージョン管理プロセスを自動化し、再度リリース・プロセスを自動化するソリューションをもつ Teamstudio に打診しました。その自動化のソリューションはエラーやリソースが削減され、 まさにビジネスニーズにマッチしていました。

Teamstudio Build Manager を使用すると、アプリケーション構築プロセスを自動化でき、すぐに構築時間を短縮できました。 新しい合理化されたプロセスで、ビルドの頻度を増やしても、定期的なリリースから突発的なリリースまでスムーズに実行できるようになりました。 これにより、新しい機能やバグ修正をエンドユーザに迅速に提供できるようになり、ビジネスニーズへの対応力が向上しました。 リリース・プロセス自体がリリース作業のマニュアル文書の役割を果たしているため現在ビルド関連のエラーは少なく、開発者はマニュアル文書の保守から解放されているます。

Build Manager を使用すると、コード管理チームと同様に、リリースが完了した瞬間にユーザへ通知されます。予期しないメリットとして、リリース作業のログ、監査証跡、電子メール通知などがあります。問題があった場合は、リリースログに表示され、すぐに対処することが可能になります。監査証跡で、誰がリリースを行ったのか、いつ実行したかを確認できます。何か問題が発生した場合はすくその担当者に問い合わせできます。電子メール通知機能でリリースが完了したときに、エンドユーザーを含めすべての関係者に通知できます。

Teamstudio Build Manager を採用し、TD Waterhouse はアプリケーション構築プロセスを自動化し、エラーのないビルドを実現しました。 Teamstudio Build Manager はマニュアルによるアプリケーション・リリース・プロセスとは異なり、テスト、QA などの次の開発ステージへ移行するアプリケーションを自動的に構成し、開発、QA、および本番環境の間に安全なゲートウェイ機能を提供します。

Build Manager は、TD Waterhouse の開発者と運用担当者が、自動化された ACL 管理により本番環境のデータベース設計をロックしてより安全性を向上させるだけでなく、開発の納期を短縮と生産性の向上も計ることができるようになりました。

導入効果

Teamstudio Build Manager を採用した結果、TD Waterhouse 開発チームはアプリケーション・リリースに必要なリソースが少なくなりましたが、依然としてリリースは頻繁に行われています。アプリケーションは現在、すべての環境で一貫性があるものとなり、アプリケーションの品質とエンドユーザーの満足度が大幅に向上しています。